> > 9種類のボール弾道

ゴルフレッスン12: 9種類のボール弾道

9種類のボール弾道

ゴルフではスイング軌道とインパクト時のフェースの向きによって9種類のボール弾道(球筋)が生まれます。ここでは9種類の弾道がどの組み合わせで生まれるかを説明しています。

インサイドインの軌道

ストレートは軌道がインサイドインで、インパクト時にフェースがスクェアに当たります。
ドローは軌道がインサイドアウトで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してややクローズドに当たります。
プッシュフックは軌道がインサイドアウトで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してクローズドに当たります。
プッシュは軌道がインサイドアウトで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してスクェアに当たります。
プッシュスライスは軌道がインサイドアウトで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してオープンに当たります。
ミスショットになる時
インサイドアウトの軌道ではダフリ、トップ、スライス、フックといったミスショットが出る時があります。動画の中ではこれらのミスショットが出る原因と、注意点を解説しています。
フェードは軌道がアウトサイドインで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してややオープンに当たります。
プルフックは軌道がアウトサイドインで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してクローズドに当たります。
プルは軌道がアウトサイドインで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してスクェアに当たります。
プルスライスは軌道がアウトサイドインで、インパクト時にフェースがクラブ軌道に対してオープンに当たります。
ミスショットになる時
アウトサイドインの軌道ではテンプラ、球が上がらない、左へ引っ掛けて低いボール、スライスといったミスショットが出やすくなります。動画の中ではこれらのミスショットが出る原因と、注意点を解説しています。

同じ軌道でもスライスの種類が変わる

同じアウトサイドインの軌道でも、フェースの向きによってはスライスになることがあります。ここではフェース面が「何度」開くことでどのような弾道が出るかを更に詳しく説明します。 ※計測機器「トラックマン」による
ターゲットラインに対してフェースが2度閉じた状態(クラブ軌道のラインに対しては2度開いている)でインパクトするので、目標よりも2度左に打ち出され、わずかに右に曲がります。
フェースが開いたイ状態でインパクトすると、目標よりも右に出てかなり大きく右に曲がるスライスになります。
フェースがスクェアな状態でインパクトするので、まっすぐ打ち出されるが、右に大きく曲がります。
軌道に対してフェースの開きが大きいので、フェードよりも曲がりの大きな球になります。
※フックはこの図を逆にします。